運動よる改善法

なぜ、外反母趾になるのかといいますと、ヒールの高いハイヒールを履くと、どうしても親指の関節を圧迫してしまいます。

そして、しだいに足の親指の骨が曲がっていき、もっと外反母趾が進行すると、歩行まで困難になっていきます。

歩けなくなるのは、とても怖いですよね。もし外反母趾になってしまったら、どんな治療を受けたらいいのでしょう。

外反母趾になったら、運動による治療があります。その運動は、まず、関節を動かすということです。

運動による治療には、いろいろあります。器具を使うテーピングを使うものなどです。

この運動による治療を行うと、悪くなっていた外反母趾も時間はかかりますが、どんどんよくなっていきます。

外反母趾というのは、治らない病気ではありません。しかし治療せずに、ほおっておくと、どんどん悪くなり、手術による治療になってしまいます。

健康な足で歩くためにも、あまりお洒落のために、ヒールの高いハイヒールをはかないようにしましょう。

また仕事やパーティーなどでハイヒールをどうしてもはかなければならないときには、ぶかぶかでなく、またきつすぎない、ちょうどいいものを選んではくようにすればいいでしょう。